年齢にあわせたスキンケア

  • 20代でも油断は禁物

    10代の頃には肌を清潔にして水分をしっかり補給する、生活リズムを崩さずしっかり睡眠を取り、ニキビなどは潰さず皮膚科などで丁寧に対応することでお肌の健康を守ることもできます。しかし20代になるとお化粧することも多くなり、社会に出ればストレスを受けることも出てきて、大人ニキビなど思春期時代とはまた違うトラブルが多くなります。

    ホルモン量が安定しお肌の状態がもっとも美しくなるといわれる20代、エイジング世代から見るとうらやましくなるくらいにみずみずしい肌を持っています。しかし中には水分量が足らずニキビも多く、トラブルに対応できていない女性もいます。

    とにかく20代は毎日のスキンケアという基礎を身に付ける時期で、丁寧に日々、しっかりと基本的スキンケアを行うことで、将来エイジング肌になった時に、後悔しないお肌にすることが可能です。

    紫外線などにも十分注意して、若いから新陳代謝もよく日焼けなどもすぐに普通に戻ると侮っているといきなりしみだらけになったり、そばかすが多いことに気付く・・・という状態になります。25歳を過ぎると次第に新陳代謝も低くなり、今まで通りにいかない肌になっていきますので、基本的ケアを行うこと、また紫外線やほこり、乾燥などからお肌を守るケアを継続的に行う様にしましょう。