年齢にあわせたスキンケア

  • お肌の声を聞いたケア

    30代になると老化現象がすでにお肌の上にみられるようになります。みずみずしい感じが無くなり、衰えたということが目に見えるようになるので、あわててケアをされる方も多くなる年代です。

    真皮層にはお肌の弾力を整えるコラーゲンが存在していますが、このコラーゲンの生成力は30代に入ると極端に少なくなるといわれています。そのため、しわ、シミなどが目立つようになるのです。

    また紫外線などの刺激にも弱くなり、20代の頃、紫外線にも強かった人が途端に日焼けに弱くなるのも、お肌をみずみずしく保つためのヒアルロン酸、コラーゲンなどの成分が少なくなっていく証拠です。肌トラブルが次々に起りやすくなる時代、30代は、うるおい補給のローション、保湿の美容液などを利用して、水分補給とバリア機能を向上させるケアが必要です。

    40代になると口元のかさつき、ほうれい線などの明らかに目に見えるトラブルが多くなります。30代は皮脂分泌もまだまだ盛んですが、40代になると肌の保護となる皮脂分泌が少なくなってしまうので驚くほどに乾燥します。

    コラーゲンエッセンスのローションや美容液などを利用し、保湿パックをおこなったり、肌を保護するバリア機能の低下を補うために、乳液、クリームなどのケアを欠かさず行うことも重要です。

    また年齢に勝つのではなく年齢に合った生活を送るということも必要です。年を取ったから大人しくということではなく、年齢を重ねた体に合った生活リズムで、睡眠をしっかりとり、口からの水分補給、さらに栄養バランスのいい食事などを心がけ、ストレスを受けやすい方は自宅でリラックスできる方法なども考慮していくと、肌ストレスの少ないお肌に効果的な生活を送る事が出来ると思います。